<左のボタンからお入り下さい>
                            =3・5・13の各項目は直接ジャンプ可= 

1.はじめに
  ◇「人工透析二人会」の意味と私の人工透析導入に至ったおおよその経過
  ◇本ホームページご利用・ご活用にあたっての留意点

2.人工透析基礎知識
  ◇人工透析の種類と腎臓の働き
   <人工透析導入基準(評点法)添付>
 【1】人工透析装置について
    (1)ダイアライザーの機能
      <血液透析と除去対象物質領域添付>
    (2)除水方法
 【2】ブラッドアクセス(シャント)について
    (1)シャント作製の必要性
    (2)シャント作製手術
    (3)シャントの合併症
    (4)シャントの維持管理

3.私の人工透析環境
 【1】透析方法
 【2】透析回数と時間
 【3】使用ヘモダイアフィルター(透析器)
 【4】使用血液回路・カプラー・ET捕捉フィルター・穿刺針
 【5】血流速度
 【6】透析液種類
 【7】透析液速度
 【8】透析液(血液)温度
 【9】使用抗凝固剤とその使用量
 【10】生理食塩水(0.9%)使用量
  【11】ドライウエイト(適正体重)


4.私の各種検査データ
  ◇合計59項目の血液検査数値・検査所見表示(月1回更新)
  (検査項目それぞれの基準値・透析患者の目標値を含む解説ページ付き)
  ◇今回の検査データに関するコメント(月1回更新)

5.人工透析の合併症
 【1】二次性副甲状腺機能亢進症(2HPT)、慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常(CKDーMBD)
 【2】アミロイド骨関節症
 【3】心不全・肺水腫
 【4】腎性貧血
 【5】高カリウム血症
 【6】高血圧(脳出血・心血管系疾患)
 【7】皮膚のかゆみ
 【8】足のムズムズ感
 【9】皮膚色素沈着
 【10】虚血性腸炎

6.私の使用薬剤
 ◇人工透析患者薬剤使用の意味
 ◇使用薬剤一覧表
 ◇使用薬剤の効果・効能等コメント
 ◇おくすり110番(病院の薬がよくわかるホームページ)紹介

7.人工透析と食事
 【1】水分管理
 【2】食事管理
    (1)摂取エネルギー
    (2)たんぱく質摂取量
    (3)塩分(食塩相当量)摂取量
    (4)その他目標・留意点
    <@カリウム摂取量Aリン摂取量Bカルシウム摂取量>
 ◇毎日3食の実際の食事内容と栄養成分紹介
   <常食たんぱく食品栄養成分表添付>
  <常食野菜(いも類含む)・海草・きのこ類栄養成分表添付>
 ◇日常取り寄せ食品とその栄養成分表紹介
 ◇お正月料理の注意するポイントとその栄養成分紹介

8.私の透析日の一日
 ◇自宅を出るところから自宅に戻るまでを具体的に時間を追って紹介
 (透析中の血圧低下対策、不均衡症候群や穿刺痛・血管痛等の合併症併せ)
 ◇@「透析医療事故防止のための標準的透析マニュアル」及び
   A「透析医療における標準的な透析操作と院内感染予防に関するマニュアル」のインターネットページ紹介(日本透析医会)

9.私の趣味
 ◇俳句(自作俳句66句披露)

10.人工透析患者への諸制度
 【1】医療費について(マル長・マル都等)
 【2】身体障害者手帳について(マル障・「障害者支援費制度」含め)
 【3】障害年金について
 ◇人工透析と介護保険について
  (特に介護報酬「通院等乗降介助」新設に伴う諸問題)

11.人工透析患者の危機管理
 ◇災害時における透析患者の行動基準・順序・対応(全腎協資料のまとめ)
 ◇災害が起きた時の摂取・制限栄養量(全腎協・東海ブロック災害対策研究会編
  「防災の手引き(透析患者のための)」より)
 ◇地震・火災等によって透析中に緊急避難の必要が生じた場合の対応
 ◇停電等によって透析を中断せざるを得なくなった場合の対応
 ◇東京都の「災害時における透析医療活動マニュアル」紹介
 ◇「171災害用伝言ダイヤルの使用方法」紹介

12.人工透析の診療報酬
 【1】平成14年度社会保険診療報酬等改定の基本的考え方
 【2】平成14年度人工透析に係わる診療報酬改定について
   ・診療報酬改定の背景
   ・診療報酬改定の具体的内容(H14年4月1日より)
 【追記】平成16年4月1日からの人工透析診療報酬の主な引き下げ内容
 【追記】平成18年4月1日からの人工透析診療報酬の主な改定内容
 【追記】平成20年4月1日からの人工透析診療報酬の主な改定内容
 【追記】平成22年4月1日からの人工透析診療報酬の主な改定内容
 【追記】平成24年4月1日からの人工透析診療報酬の主な改定内容
 【追記】平成26年4月1日からの人工透析診療報酬の主な改定内容
 【追記】平成28年4月1日からの人工透析診療報酬の主な改定内容
 【追記】平成30年4月1日からの人工透析診療報酬の主な改定内容

13.その他インフォメーション
 【1】わが国の慢性透析療法の現況(日本透析医学会発表)
 【2】「腎カードカルテ」⇒「腎Webカルテ」について
 【3】家庭透析について
 【4】「透析患者の栄養評価」について
 【5】新「高リン血症治療剤(塩酸セベラマー<レナジェル・フォスブロック>)」について
 【6】内部濾過促進型ダイアライザーについて
 【7】ドライウエイト(DW:適正体重)の定義と調整について
 【8】長期生命維持の透析条件について
 【9】「オンラインHDF」と「プッシュ&プルHDF」について
 【10】糖尿病患者のフットケアについて
 
【11】透析患者に多い便秘対策について
 【12】シャントが全身に与える影響について
 【13】タバチエールの内シャントについて
 【14】ボタンホール穿刺について
 【15】透析患者と動脈硬化について
 
【16】透析患者の骨密度について
    <K/DOQIの骨代謝ガイドライン添付>
 【17】透析中に起こりうる事故について
 【18】透析患者の抹消循環障害に対する人工炭酸泉浴の改善効果について
 【19】活性型ビタミンD製剤について
 【20】糖尿病透析患者の血糖管理について
 【21】血液浄化療法の新しい治療法・治療モードについて
 【22】知っていて損はしない透析関連のお話しについて
  <異種の動物からの腎移植>
 【23】透析と運動について
 【24】透析と不整脈について
【25】透析液清浄化ガイドラインについて
【26】本態性(一次性)低血圧について
【27】透析患者の不眠について

【28】慢性腎臓病に対する食事療法基準2014年版(「CKDステージ5D」抜粋)ついて
 【29】新「高リン血症治療剤(炭酸ランタン<ホスレノール>)」等について
 【30】ヘモグロビンA1c(HA1c)の値の変更について
 【31】腎臓リハビリテーションについて
 【32】低栄養を補う具体的な対策(食事以外での補給)について
 【33】日本透析医学会による「維持血液透析ガイドライン:血液透析処方」について
 
【34】サルコぺニア・ロコモティブシンドローム・フレイルについて

14.人工透析Q&A
 ◇人工透析に関する素朴な疑問点や不思議な点やわかりにくい点等についてのQ&A

15.おわりに
 ◇人工透析患者のあり方、現在の透析医療の問題点と要望課題

16.引用・参考文献-資料
 ◇本HP作成のための引用・参考文献-資料合計135点表示

17.掲示板
 ◇何でも結構ですから、どしどし「書き込み」して下さい。

18.おすすめリンク
 ◇今後も人工透析関連リンクを管理人の許可を得て増やす予定