Q89. 透析で眼がわるくなることがありますか。

2006/03/23 (Thu)
A.ご承知の通り「糖尿病性腎症」からの透析導入が年を逐って増加の一途を辿り、1998年以降は新規導入患者のうち導入原疾患の第1位となっているわけですが(2010年末で43.5%、透析患者全体の割合も35.8%)、糖尿病では増殖性糖尿病性網膜症と視力障害を伴うことが多く見られます。たとえ高度に進行した網膜症を持つ患者さんでも、透析導入後悪化することはまれで、透析導入後に網膜症は沈静化し視力も安定化または改善傾向を認めるとの報告が多くみられます。現に私の場合も、透析導入前に増殖性糖尿病性網膜症になり、両眼のレーザー光凝固を繰り返した後、右眼硝子体手術を行い(平成9年11月、ついでに右眼だけ白内障も手術)、その4年後の透析導入後も両眼の定期検診(視力検査・眼圧検査・眼底検査)を半年毎に地元総合病院(透析導入時入院病院)眼科にて行っていますが、特に透析導入後は両眼とも落ち着いており、さらに透析方法「HDF(オフライン)」変更に伴い、最近では手術した右眼の視力(矯正)が「0.6」⇒「0.8」⇒「1.2」と顕著な改善を経験しております。これも「HDF効果」の一つかなと認識しています。もちろん、透析導入後も網膜症の状態に応じてレーザー光凝固や硝子体手術が必要になることもありますので、その場合は眼科のドクターと連携をとり治療を進めましょう。
 また、慢性腎炎によって透析を導入された患者さんの場合でも、腎炎性網膜症がみられ、視力障害を起こしている患者さんもみられますが、多くの場合、十分な透析と全身管理で改善します。即ち、尿素窒素等の毒素の除去、血圧管理、水分管理、貧血の改善等が必要です。そして、私の場合のように(半年に1回)、維持透析になってからも定期的な眼底検査が必要です。
 それから白内障ですが、眼内の水晶体が混濁する病気で、視力が低下し、また明るいところではまぶしさを感じます。ほとんどの人は老人性白内障です。治療は手術的に、眼内レンズに置き換えることです。手技が進歩していますので、透析患者でも安全に行えるようになってきました。
 また、透析患者特有のレッドアイ(red eye)は、結膜への石灰沈着に伴い眼が刺激されて赤くなる状態です。リンとカルシウムの値をコントロールして進行を防ぎます。これも、透析を十分にすると消失することが多いです。
 尚、眼底出血、硝子体出血等の出血を起こしたときは、透析中の使用抗凝固剤を低分子へパリンまたはフサン等にかえて透析をします。


BACK




- Genesis -