Q85.「GI値」って何ですか。

2005/11/12 (Sat)
A.「GI値」は、食物によって血糖値がどのくらい上がるのかを数字にしたもので、ブドウ糖を基準にして血糖値の上がり具合を数値化したものです。炭水化物は「GI値」が高く、肉や脂肪は「GI値」が低く、野菜はイモ類やにんじんなどは高いがそれ以外はそうでもないという具合です。主な食品の「GI値」リストが載っているインターネットページを次に紹介しておきましょう。
 ・http://www7.plala.or.jp/pon31/gi.html
 (透析患者はリン・カリウム・たんぱく質等要注意)
 尚、「GI値」とは、具体的には次の通りです。
『「GI」は、Glycemic Index=グリセミックインデックスの略で、食後の血糖値の上昇具合を数値化したものが「GI値」です。基準食(通常はブドウ糖)の血糖上昇値を100とした相対値で表します。「GI値」が大きいほど食後の血糖値が上昇しやすく、インスリンの血中濃度も高まります。食物の種類や調理法により、同じカロリーのものを食べても「GI値」は異なります。 』


BACK




- Genesis -