Q7.サラリーマンなので、どうしても外食が多くなりますが、基本的に透析患者にとってどうなんでしょうか。

2004/05/10 (Mon)
A.私のように会社を退職し現在無職の者は、外食や出前はなるべくしないようにできますが、仕事を持っておられるサラリーマン等はそうはなかなかいかないと思います。
 そこで、代表的な外食・出前メニューを挙げ、一番気になる外食に含まれる平均的な塩分(食塩相当量)をみてみましょう。従って、以下の数値は調理法・地域性・お店により多少異なりますので目安としてご活用下さい。 

<外食料理の含有食塩相当量(g)>
ラーメン 6.3
皿うどん 5.9
チャーハン 4.8
オムライス 4.3
スパゲッティートマトソース 3.6
牛丼 1.7
天ざるそば 3.8
うな重(吸い物・茶碗蒸し・煮物漬物付) 6.2
刺身定食(味噌汁・茶碗蒸し・煮物・漬物付) 9.1
焼き魚定食(ごはん・塩ざけ・味噌汁・漬物) 6.5
焼肉定食(味噌汁・漬物付) 8
ネギトロ丼(吸い物・漬物付) 5.2
ハンバーガー 1.3
照り焼きバーガー 2.1
ハンバーグステーキ 3.7
サーロインステーキ170g 5.7
テイクアウト 焼肉弁当 3.4
テイクアウト のり弁当 3.1
テイクアウト 幕の内弁当 4.5
<注>外食・テイクアウトのカロリーガイドブック(98年版):女子栄養大学出版部より抜粋

 以上のように外食メニューは総じて塩分(食塩相当量)が思ったよりとても多いです。いたしかたなく外食をする場合は、なるべく塩分(食塩相当量)の少ないメニューを選び(単品料理よりできる限り定食を選ぶ・和風や中華風料理より洋風料理の方が比較的塩分控えめ)、「汁は飲み干さない(特にめん類ーめん類は汁を残すと塩分量が約半分になるー)」「漬物は残す」「調味料をかけすぎない」等の工夫・注意が必要です。そして、外食はなるべく1日1回にし、その日のあと2食で塩分等を調整するようにしましょう。
 <参考>
 食品中のナトリウム含量(g)×2.54=食塩相当量(g)


BACK




- Genesis -