Q52.透析中に食事(昼食等)をする場合、日常処方薬のリン吸着剤やカリウム吸着剤等は非透析日の食事の際と同様に服用すべきでしょうか。

2004/10/05 (Tue)
A.透析中の食事摂取に際しては、透析によって、リンもカリウムも除去されるわけですから、一見その上に吸着剤まで服用する必要はないように思いがちです。ですけれども、まずはリンもカリウムも週の初め(月曜日か火曜日)の透析前の血液検査結果を見て、この2つの数値のコントロールが良いか悪いかを判断し、数値が悪い(高い)場合は、透析中の食事であってもそれぞれの吸着剤を服用するメリットは十分にあると思います。即ち、透析中に食事をして、リン吸着剤やカリウム吸着剤を服用すると、まず小腸から吸収されるリン・カリウムの値をより一層減少させることができるわけです。
 この考え方は、特にリンに関して重要です。1回の透析によるリンの除去量は、目一杯透析効率を上げても、せいぜい1g程度です。(実際にはもっと低いかも)それと、基本的に便中へは1日約400mgが排泄されます。
ところが、リン摂取を意識した食事をした場合でも、1日の食事からのリン摂取量は800mg位になります。つまり、中1日や中2日あいた透析だけではリンは除去しきれない計算になります。
 従って、リンのコントロールが悪い透析患者は、透析中の食事摂取に際してでも、リン吸着剤は必ず飲んだ方が良いと思います。リンのコントロールが比較的良い患者でも、便秘等の副作用とか、血清Ca数値等問題なければ、透析中の食事摂取に際してリン吸着剤を飲んでおくことに越したことはないと思います。私の場合も、平成17年1月24日より、透析中(午前11時頃)に昼食を摂りますが、リン吸着剤は通常通り服用しています。
 カリウムについては、日頃低い透析患者が透析中の食事摂取に際し服用すると、低カリウム血症になりやすくなりますので、注意が必要です。
 それから、透析によってリン吸着剤やカリウム吸着剤が除去されてしまうのではないかとの疑問も残りますが、いずれもこれらの薬剤は理論的には腸から吸収されませんから、もちろん透析で除去されて効き目がなくなるなんてことはありません。
 尚、透析中の食事摂取に際してのリン吸着剤やカリウム吸着剤以外のお薬ですが、胃腸薬等は通常通りの服用でOKです。降圧剤は、透析中と透析直後の血圧が高くなってしまうのか、低くなってしまうのかを見極めて、服用するかしないかを決めます。(ですから、個人差があるのです。)


BACK




- Genesis -