Q41.横になると息がつきにくく、息苦しい透析患者です。どうしたことでしょうか。

2004/06/05 (Sat)
A.肺水腫を起こしている可能性が大きいです。水分と塩分の摂りすぎです。水分制限・塩分制限を厳重にする必要があります。
「息苦しい」「咳が出る」などの症状は、横になると出やすいものです。このような症状があるときには、すぐに胸部X線写真を撮り、肺水腫の有無を確認する必要があります。
 治療は、ECUM(体外限外濾過法)や血液透析で十分な除水をかけます。
 肺水腫の原因は、水分と塩分の過剰摂取により循環血液量が増え過ぎたために起こるものです。一度肺水腫になった透析患者は、繰り返し肺水腫を起こす傾向があり、このような透析患者は普段から水分と塩分の管理を厳重に行なうよう指導されます。また、併せて適正体重の(DW)の見直しも必要になります。


BACK




- Genesis -