Q27.糖尿病が原疾患の透析患者ですが、普段(特に冬場)は抹消血管の血流が悪くなるせいか足先が冷たいのですが、透析終了後は例外なく足先がうそのように温かくなり、ほっとします。これはどうしてでしょうか。

2004/05/10 (Mon)
A.この質問に対してはあくまで想像の域を出ませんが、それは抹消血管が拡張するためと考えられます。即ち、血液透析では、ダイアライザーの膜と血液が接触することによって、白血球からいろいろな化学物質(「ケミカル・メディエーター」と呼ばれます。)が放出されます。この「ケミカル・メディエーター」の中には、抹消血管を拡張させる作用を持つものがあります。そのために、抹消循環がよくなり足先が温かくなるのではないかと考えられます。
 ただ、実際に透析を受けると足先の冷えが楽になるという話は聞いたことがことがありませんので、この点お含みおき下さい。
 余談ですが、この抹消血管の拡張によって透析中の血圧は下がりますが、十分に尿が出ていて、除水しない透析を受けている患者でも透析中血圧が下がることがあります。これはこうしたメカニズムにより、血管が拡張してしまうことも大きな要因です。


BACK




- Genesis -